歯列矯正中に起きた異変!歯の根元が歯茎から出てきた⁉

こんにちは。週末ブロガー☆りっちゃんです(@weekendgirl2017)

歯列矯正中に起きた異変が1つありましたので、今回はそれについて紹介します.
異変に気付いたのは2018年8月下旬です.

なので、症状としてはもう少し早い段階で出ていたのだとは思います.

その異変とは、タイトルにもあるように
『歯の根元が歯茎から飛び出てくる』というものです.

まあ恐ろしい!

結構グロテスクな写真を掲載しております.
見たくない方は、是非違う記事へこの時点で飛んでください!

私が、これを載せる理由は同じ理由で悩む人の力になりたい.
その一心です.

スポンサーリンク



歯の根元が歯茎から出る

歯の根元が歯茎から出るってどういうこと!
ってお思いの方がほとんどかもしれません.

とりあえずまずは写真がコチラ!

【右】

【左】


写真は気持ち小さめにしておきました←

右の方が症状がキツく、左はまだマシです.
良ければ皆さん、ご自身の歯茎と見比べてみてください.

ちなみに、この根元が出てきた歯は「犬歯」です.

当たると普通に痛いです.

特に、歯列矯正でワイヤーを交換した後に写真を撮るのですがその時が史上最高に痛いです.
なぜかというと、写真を撮るために口の中の両サイドにオーラルワイダー(?)を入れられます.

その時に、直撃してしまうのです(´;ω;)

こんなやつ↓↓

原因

歯医者へ行った際に、『これは大丈夫なんですか?』と質問してみました.

すると、歯を動かす過程でどうしてもなってしまうのだとのこと.
私の骨格が特になりやすいタイプなんだとか.

奥の歯が動くために、犬歯をグイグイ押してしまい根元が出てくるという原理.

今後、犬歯を動かしていく際にまた落ち着いてくるようです.

ちなみに、この質問をした時に担当してくれていた女医さんも同じ症状を経験されていて、治った歯茎を見せてくれました^^
これは神対応でめちゃくちゃ安心しましたね!

当たると痛いという気持ちも分かってくれていましたし(*’▽’)

いやいや、ホッとしました。。

異変を感じたらすぐに言う

こんな感じで、歯列矯正をしていると異変が絶対とは言えませんが起こり得ます.

ささいなことでも、異変を感じたら担当医の方に申し出ましょう!
(意外と見落とされていたりします・・・)

ネットで調べれば調べるほど、悪い方向にしか考えられなくなりますので、聞くのが1番です✨

さいごに

検索で、この記事に辿り着いた方は同じ悩みを持つ方でしょうか?
歯を動かす過程として避けられない現象である可能性は高いですが、是非担当医の方に聞いてください.

そして、今は私自身症状が出た状態なので良くなったらこの記事にて、治癒後の写真を載せることができればと思います♪

☺笑う門には福来る☺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です