京都の瑠璃光院は行くべき絶景のインスタ映えスポット!~特別拝観の整理券やアクセス等まとめ~

こんにちは。週末ブロガー☆りっちゃんです!

先日、初めて瑠璃光院へ行って来ました.

瑠璃光院で撮りたい写真を撮るには、ある程度情報を持っておいた方が良いです.

何も知らずに、好きな時間に行っても瑠璃光院に入れないなんてことも起こり得ます!

ということで、今回はそんな『瑠璃光院』について紹介します.

スポンサーリンク


アクセス

●電車の場合

叡山電車(八瀬比叡山口行)『八瀬比叡山口駅』
徒歩5分

●バスの場合

京都バス(大原・小出石行)「八瀬駅前」
徒歩7分

私は、平日に河原町駅近くの『四条河原町』から乗り込みましたが・・
すごい人で、、無理やり乗り込んだ状態でした.

そんな状態もあって、バスは約10分遅れで運行されていました.

平日でこの有様です.
土日はもう想像できません.

電車も似たような状況のようで、特に土日は1本見送ったといった呟きも見かけます.

アクセスも決して良い場所ではないので、特に土日に行く場合は早朝から動き始めるのがオススメです.

※地図の青丸が整理券配布場所です

特別拝観

2018年10月1日から2018年12月10日まで秋の特別拝観が行われています。

【期間】10月1日(月)~12月10日(月)
【拝観時間】10:00~17:00
【拝観料】2,000円
【整理券対応期間】11月10日(土)~12月2日(日)

団体予約等含め、拝観の予約は一切受けていないようです.

特別拝観は、ちょうど紅葉シーズンですね.

整理券情報

まだ見頃とは言い難い2018年11月20日(火)の平日情報です.

12:50頃に瑠璃光院に到着しまして、もらえた整理券は『15:20の回』

整理券の配布場所は前項の地図の青丸辺りです.
平日のお昼だったので、整理券をもらうための待ち列というのはありませんでした.

整理券は、10分区切りで配布されています.

10分ごとに40-50人ぐらいかな?というイメージでした.

瑠璃光院の拝観料2000円は、この整理券をもらった時に支払いをします.

整理券の時間などについては、当日Twitterなどで情報を集めると良いですよ.

瑠璃光院周辺

チケット販売所のすぐ横には、『八瀬カフェ』というまったりできる場所がありました.

五平もちをいただきました(*’▽’)

お米のようなおもちでした.

瑠璃光院周辺も紅葉がたくさんあって、拝観時間まではカメラ散歩で過ごせます.
待ち時間があまりに長い場合は、時間が余ってしますかもしれません.

八瀬駅前のバス停横にはセブンイレブンもありますので、少し休むことも可能.

飲食できる場所は少ない印象でした.

待っている間に、『叡山ケーブル』を往復するのも1つです☝

約1時間で行って帰って来れるという話でした(平日)
これに気付いたのが遅くて・・
時間の使い方を失敗しました( ノД`)

待ちが長い人は是非、叡山ケーブルに乗って過ごすのもオススメです!

スポンサーリンク



有名スポットの撮影風景

あの机のある空間は、どういう感じで皆が写真を撮っているのか気になりませんか?

私はとても気になっていました.
ということで、撮影風景も撮ってきました!

特に決まりも何もない、人間性の問われる順番交代です.
一応1名ほど様子を見ている管理者的な人はいましたが、
『順番交代でお願いします~』といったことを叫んでいるだけでした.

実際に撮ってきた写真

これは、八瀬駅前バス停の橋から撮った1枚です.

これは、瑠璃光院までの道中にある苔の壁?のようなところで撮った1枚.

瑠璃光院に入る前にお願いすればお兄さんが1枚写真を撮ってくれます.

瑠璃光院内はフォトスポットだらけで、撮るのに夢中になりますよ!

もっとも有名なのが、このリフレクション最高のスポットですね(*’▽’)

この風景は、直接見るよりも写真に撮る方が美しさが出るという不思議なスポットでした.

さいごに

行って良かった!
行きたいなあ・・って思っている人は絶対に行くべきです.

2000円と少し割高ではありますが、行く価値は大いにあります.
ただ・・平日に行くことを全力でおすすめします.

紅葉は心が浄化されて大変良きですね(*’▽’)✨

☺笑う門には福来たる☺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です