使い捨てマスクを洗って再利用!~洗い方etc..~

こんにちは。週末ブロガー☆りっちゃんです!

コロナ・・なかなか落ち着きませんね。

私は趣味がライブなので相次ぐ中止や延期に病みそうです。

それはさておき、今回はマスクを洗って使用する方法を紹介します。

正しい方法と言えるのかは分かりませんが、良ければ参考にしてください。

スポンサーリンク


用意するもの

□バケツ
□ゴム手袋or使い捨て手袋
□洗濯用洗剤
□衣類用ハイター
□洗濯ハンガー

衣類用ハイターを使用する代わりに、除菌スプレーをかけるという方もいるみたいです。

手順

①バケツにぬるま湯とマスクと洗剤を入れます
※水より熱めの方が落ちやすいかなという独断

②もみ洗いしていきます。
写真のようにチークやファンではゴシゴシすると簡単に汚れは落ちます。

紐に着いた汚れはなかなか落ちません・・

③洗い終えたら、数回水で洗剤を洗い流します

④キャップ1/2ぐらいの衣類用ハイターを入れて30分放置

⑤日当たりの良いところでしっかり干して終了

※写真は干し終えて部屋で撮りました

スポンサーリンク



メイクもある程度落ちる

初めてマスクを洗った時は、洗濯用洗剤は使わずに衣類用ハイターを入れた水につけておくという手法を取りました。

しかし、それだけではマスクについたチークやファンデーションが落ちなかった為ハイターにつける前に洗濯用洗剤で洗うという手間を1つ増やしてみました。

すると、ちょっとこするだけでマスクについた化粧は落ちたので、特に女性でメイクしてマスクをしているという方にはこのやり方がオススメです。

再利用マスクにはキッチンペーパーを!

洗ったマスクはやはり新品に比べると生地が弱っている感じがします。

また、繊維がモケモケ?し始めるんですよね。

そんなちょっと弱ったマスクには、キッチンペーパーを挟むと良いです!
※これで効果がアップするとかそういう化学的根拠はありません!

図のようにキッチンペーパーを半分に切って、三つ折りにします。

そして、この3つ折りにしたキッチンペーパーをマスクと口の間に挟んで使用します。

これが意外と快適なんです。

繊維のモケモケによる口元の不快感も解消されますし、蒸れることもありません。

少なくとも私は。

是非一度お試しください♪

さいごに

この不織布のマスクの洗い方は、完全に独自で考えて(多少ネットで情報集めた)やっていることなので、マスクの効果が薄れる・・とかその辺りについては何とも言えません。

しかし、マスクの入手が困難な今・・もうすぐマスクがなくなる・・という方も少なからずいると思うので、そういった方はやってみてはどうかなと思います。

手洗いうがい消毒マスクで、生きましょう。

生きてなんぼです。

☆りあるTONE★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です