保育士試験ほぼ1発合格~勉強法(筆記)~

スポンサーリンク



こんにちは。週末ブロガー☆りっちゃんです(@weekendgirl2017)

私は2015年12月末に正社員の仕事を退職し、2016年1月1日から2016年4月の保育士試験にむけて本格的に勉強を始めました.

奇跡的ではありますが、1発合格を果たしたのでそのコツをお話します.
※2013年にも1度挑戦した経験があります.けれど記憶は0になっていたので0からのスタートでした

通信教材

保育士試験を受けるにあたって最初に悩んだのがテキストです.

『ユーキャン『保育士講座』』:59,000円
『ヒューマンアカデミー『保育士【完全合格】講座』』:46,000円
『四谷学院通信講座『保育士講座』』:79,800円
『ニチイ『保育士受験対策講座』』:50,920円

この四つで私は悩みました.ちなみに・・・2013年に受けた際はユーキャンを使用していました.

値段で比較すると・・・ヒューマンアカデミーが1番安かったのです.
しかし!!今回は吟味した結果・・・
PCとテキストを併用していく勉強スタイル合格率55段階システムが自分に合っていると思い、四谷学院の通信講座を受けることにしました!(高額払えば嫌でも頑張れるだろうという狙いも一部有)

勉強期間

四谷学院のテキストが届いたのは11月下旬でした.
2016年11月~12月末まではフルタイムで働いていたので、その頃の勉強量はまだ少しかじる程度でした.

つまり、本気で取り組んだのは2017年1月~4月の約4ヶ月です!!

1月~2月の2ヶ月間はほぼニートでした.朝8,9時~深夜0時頃までみっちり勉強をしていました.
それでも毎日というわけでもなく、遊びに出ていた日もあったのでメリハリをつけてしていました.

正直実質4ヶ月というこの短さにかなり追い込まれてやりのけた感はあります.
ニート→アルバイトという身分での4ヶ月だったからこそ出来たとも言えるかもしれません.

勉強方法

計画的にする

保育士試験は全部で9科目あります.

①保育原理
②教育原理
③社会的養護
④児童家庭福祉
⑤社会福祉
⑥保育の心理学
⑦子どもの保健
⑧子どもの食と栄養
⑨保育実習理論

9科目を毎日するのはなかなか辛いので、最初のうちは1日に1~3科目ずつぐらいですすめていっていました.
最初は1週間毎に計画をしてすすめていくのがオススメです!!

 

四谷学院では1科目25単元を2回して最後の5回は総まとめテストといった55段階システムという勉強法が取り入れられています.

それがしっかりこなせたかという達成感が欲しかったので、私はスケジュール帳にこんな感じで印を付けて取り組んでいました☺

保育所保育指針

保育士試験において最も重要な『保育所保育指針』
これはほぼ毎日読むなり書くなりしていました.それぐらいこれは重要です!

なかなか覚えられないものは、トイレに貼ったりもしました.

基本の学習スタイル

通信教材のDVDを見る→テキストを読む→PCの問題を解く←これの繰り返し

インプット→アウトプット→インプット→アウトプットの繰り返しが1番頭に入ります★

過去問対策

試験前には必ず過去問をするべきです!!
私が受けた年にも、見覚えがあるような問題が実際に出ていました!

過去問を制すものは保育士試験を制す!!

というぐらいに過去問は重要です!

過去問は保育士試験のサイトでも見ることが出来ますし、またメルカリにも出品されていたりします.
私はメルカリで持っていなかった分を購入しました!

記録を見たところ私は4月に入ってからも過去問をやっていました.
3月中に過去問を解き終えているのが理想ではあるかと思いますが…笑

 

 

4月2日に平成27年度の過去問、4月8日に平成25年度の過去問をしたという記録が残っていました.
私は確か、平成24,25,26,27年の四年分の過去問を解きました.

6割を目指す

保育士試験の合格点は【6割】です.
なので、完璧を求める必要はないのです.

広く浅く覚えて6割を目指して取り組むのが短期合格のコツかなと思います.

私は1科目6割ジャスト合格しています(;^_^
10割だろうが、6割だろうがどちらも合格なんです!

まとめ

■保育士試験は短期集中でやれば1発で合格できる!
■オススメの教材は四谷学院
■インプットアウトプットをしっかり行うと頭に残りやすい!
■過去問は必ずやろう!
■6割を目指して勉強しよう!

保育士試験対策【実技試験編】

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です